たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  その他 その他

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ホエール

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

断食は肌に良いか?

2013年08月23日

健康やダイエットに取り上げられることが多いのが断食ですね。

断食は体に良いというわけです。

体に良いということは、肌にも良いのでしょうか?

昔は、食べることで栄養素を補給し健康になるというのが常識でした。そのことから考えると、断食すると、健康になる、肌が綺麗になる、というのは信じられないという人もいそうです。

私たちは生物ですから、エネルギーがなければ、生きては行いけません。そのことから考えると食べる必要があります。

そのため、栄養素を取らないということは一見すると肌にも悪そうです。

しかし、最近は添加物の多い食べ物や、食べ過ぎにより胃腸に負担をかけています。得にお酒やタバコ、油っこいものが好きな人ほど、体には胃腸には負担をかけているのは間違いはないでしょう。

胃腸は、生まれてから何十年も休まずに働きづつけています。そうすると、臓器の持つ解毒作用や免疫力が低下し、それら不調が肌のブツブツに出てきたりする場合があるのです。

そこで、たまには胃腸を休ませてあげて、元気な体を取りもどり、肌も綺麗になるというのが断食です。

つまり断食は肌に良いということですね。

  


  • Posted by ホエール at 10:00Comments(0)肌に良いこと

    時間0分、料金0円で、顔のシワとたるみを無くす方法

    2013年03月08日

    私が最近やっているのは顔のしわとたるみを無くす方法です。ついでに小顔にまでなりました。

    毎日朝シャンをするのですが、ドライヤーで髪を乾かしている最中に3分程度毎日行っていますので忙しい方でも実行可能な方法です。

    もちろん費用も必要ありません。0円です。

    ではどうするのかというと、表情筋、つまり顔の筋肉を鍛えるのです。顔の筋肉が老化することで皮膚を引き上げる力が弱まります。これが顔のシワやたるみの原因となります。

    そこで表情筋を鍛えるのですが、思いっきり笑い顔ををつくったり驚いた顔を作ったりします。顔の筋肉を思いっきり使うのです。

    ただこれでは規則性がないので私の場合は、顔の「あいうえお」体操をやります。

    「あ-」と声を出しながら大きな口を目一杯あけて筋肉を意識します。これを6秒以上続けます。これにより表情筋は鍛えられます。「あ」の次は「い」、そして「う」と順番にやります。

    3分ぐらい毎日やると表情が美しくなる、首が細くなる、シワやたるみが予防できるなどいいことばかりです。

    高級なエステなどに通わなくても0円で美容と健康に効果的です。ぜひ真似してみてください。
      


  • Posted by ホエール at 17:56Comments(0)肌に良いこと

    肌の健康│肌を速く修復する栄養素・食材

    2012年11月15日

    冬は、乾燥して頭や顔が痒くなる時期です。肌が健康な人でも肌トラブルになる季節ですから、ニキビ肌やアトピー肌の人にとっては地獄のような季節です。

    爪で皮膚を引っ掻いて傷つけた後の肌は、新しい肌が再生するまで傷ついたままで嫌なものです。

    さて、そこでごご紹介したいのが、細胞分裂を活発にする栄養素です。言い換えれば、肌の再生スピードをあげる栄養素。短期間で肌が綺麗になる栄養素ということです。

    では、発表します。細胞分裂を促進する栄養素、それは「亜鉛」です。

    この亜鉛ですが、不足すると、さまざまな悪いことが起きるのをご存知でしょうか。例えば、肌が汚くなる、髪がパサパサする、フケがでやすくなる、風邪をひきやすくなる、味覚の感覚が衰える、学習能力が低下する、インポテンツになるなどです。

    以上にように亜鉛の不足には注意が必要です。

    では、亜鉛を摂取するためにはどうすれば良いのでしょうか。手っ取り早いのは亜鉛のサプリメントがありますからそれを飲めば簡単に摂取できます。食事から摂りたい方は、「牛肉」や「牡蠣」を食べることです。

    特に亜鉛が多く含まれているのは、「牡蠣」です。牡蠣は海のミルクとも呼ばれるように、亜鉛も豊富に含まれています。その量は牛肉の2倍以上です。

    さて、この牡蠣を食べるに当たっての注意点があります。亜鉛は吸収率が悪いので亜鉛の吸収率をた高める食材と一緒に食べることが大切です。

    一緒に摂取した方が良い栄養素は「クエン酸」です。クエン酸のキレート作用により、亜鉛の吸収率は2倍以上に高まります。

    クエン酸は、「トマト」に豊富に含まれていますから、トマトと牡蠣の組み合わせは最高の組み合わせと言えるのです。

    お肌の修復のためにも、今晩は、トマトと牡蠣でお鍋でも食べてみてはいかがでしょうか。  


  • Posted by ホエール at 10:04Comments(0)肌に良いこと