たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  その他 その他

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ホエール

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

ニキビに効果的な洗顔方法

2012年11月13日

face01洗顔の温度は33度がベスト
洗顔するときのお湯の温度は約33度がベストです。健康な人の体温が36.5度なので、それよりも3.5度低い温度ということになります。

face01なぜ33度か?
では、なぜ33度なのでしょうか。実は、33度とは肌の表面温度の平均値です。肌と同じ温度で洗顔することで、肌に負担をかけないのと同時に、肌の汚れや皮脂が水に溶け出す温度でもあるのです。

もし、体温より高い水温で洗顔してしまうと必要な皮脂までもが失われてしまいます。結果、乾燥しやすなり、肌の老化を早めてしまうのです。

face03冷たすぎてもダメ
では、冷たいほど良いのかといえば、そうではありません。あまり冷たすぎても肌の刺激になりますし、30度以下では汚れも落ちにくくニキビの予防と改善にはつながりません。

この33℃の温度は、肌寒い季節では、想像しているよりもずっと低く感じます。もう少し温かい温度で洗顔する方が汚れがしっかりと落ちるのでは・・・と思えるほどです。そのため自分の感覚で33度のぬるま湯をつくると、思ったより高い温度になりがち。温度計で計らない場合は、少し冷たいと思うぐらいが丁度良いでしょう。

face03お風呂のお湯はダメ
最後に洗顔の注意点です。注意が必要なのはお風呂のとき。通常、お風呂の温度は体温より高めに設定されています。そのため、意識していなければ、お風呂のお湯で洗顔をしてしまいがち。お風呂のお湯そのままでは熱すぎて、必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、必ず水でお温度を調整して洗顔するようにしましょう。

  


  • Posted by ホエール at 10:30Comments(0)ニキビ