たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  その他 その他

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ホエール

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

冬はなぜ肌が痒くなるのか?

2012年12月11日

冬に肌が痒くなる。誰しも経験することです。この原因は、間違ったお風呂の入り方や洗顔方法です。

冬になると手が冷たく体も冷えていますから、熱いお風呂や熱いお湯で体や顔を洗いがちです。この熱いお湯により、肌の表面に薄く張っている「皮脂膜」を洗い流してしまうことになるのです。

皮脂膜は、肌のバリアとも天然の高級クリームとも呼ばれています。紫外線、ホコリ、ばい菌、ウィルスなど、肌に悪いものが直接触れないように見えない薄い膜で守ってくれているのです。

この皮脂膜が肌から剥がれおちると、肌は丸裸の状態です。当然、皮膚の水分はドンドン蒸発します。結果、肌のうるおいはなくなりカサカサの肌になってしまうのです。

カサカサのバリアのない丸裸の肌にホコリや衣類などが触れることにより痒みとなっていくのです。

では、対策はどうすれば良いのでしょうか。

まず、熱いお湯のお風呂に入らないこと。熱いお湯で顔を洗わないことです。顔を洗う温度は32度。冬に32度は思っているより冷たい温度です。

それから風呂から上がったら、できるだけすぐにクリームを使いましょう。体から水分が蒸発を防ぎ、うるおいを失わないようにするのです。

特にアトピー肌の人は特に熱いお湯で洗って、肌の守り神である皮脂膜を落としすぎないようにしましょう。
  


  • Posted by ホエール at 12:14Comments(0)

    無料でアトピーを治す方法

    2012年12月08日

    肌のトラブルと言えば、多いのがニキビ、そしてアトピー性皮膚炎です。

    国内では40年ぐらい前からアトピーは増加してきているということです。そして発展途上国ほどアトピーは少なく先進国ほど患者数が多いということです。ニキビも増加しています。共通しているのは、大人の患者が増えていることです。

    実際、大阪で住む私の家族もアトピーで苦しんでいます。

    特にアトピーはしつこいです。一度完全に治っても1年後や2年後に再発します。

    病院へいったり、漢方に通ってみたり、皮膚科の先生が書いた本なども数冊買い込み読んでみました。不思議なことに、先生により、なぜアトピーが増加してい原因の受け止め方の違いがみられます。アトピー治療法や改善方法についても皆違うのです。

    ただ、アトピーは必ず治る。このことは間違いがないようです。

    ここでは、2つ、参考になるアトピーの改善方法をご紹介します。無料でできる方法なのでアトピーで苦しんでいる方は今すぐ実践して頂けたらと思います。

    では早速。

    1つは、冷たいものを食べたり飲んだりすることをやめましょう。これを提唱している先生の考え方では、アトピーは冷蔵庫の普及と高性能化によりアトピーが増加しているとのことです。冷たいものを食べることで腸が冷える。体を冷やすことで体がおかしくなり、アトピーになっているという考え方です。

    確かに、最近は、1年中冷蔵庫に冷たい飲みの入れて飲んでいます。また、冬でも夏でもアイスを食べたりビールを飲んだりもします。冷蔵庫がなかった時代にはなかったことです。

    もう1つは、合成洗剤を一切使用しないことです。これを提唱している先生の考えは、合成洗剤の普及とともにアトピー患者が増えているといいます。つまり、合成洗剤が皮膚のバリア機能である皮脂を洗い落としてしまい、アトピー性皮膚炎になるそうです。

    最後にまとめると、冷たいものを飲んだり食べたりしない。合成洗剤を使わない。この2つをまずは実行に移すことが大切です。無料でできる方法ですが、大切なことだと思います。ぜひ、実行に移してアトピーを改善しましょう。  


  • Posted by ホエール at 23:26Comments(0)アトピー

    なぜ合成洗剤は肌に悪いのか?

    2012年12月05日

    ニキビ肌にも良くないし、アトピーの原因ともいわれているのが合成洗剤です。

    なぜ、合成洗剤を使うとニキビやアトピーの肌に良くないのでしょうか。

    それは、合成洗剤を使うと肌の表面を覆っている皮脂膜を綺麗に洗い流してしまうからです。

    皮脂膜とは、ひとことで説明すると、肌のバリア機能です。

    この皮脂膜は皮脂腺から出る皮脂と汗と分泌型IgAでできており、体の表面を薄いあぶらのような膜で被っています。肌が水を弾くのはそのためです。

    この皮脂膜で、肌を細菌やウィルスや紫外線などの外敵から守っているのです。

    つまり、合成洗剤を使うとバリア機能が失われるため、肌の病気になりやすいというわけなのです。

    人間の肌は犬のように毛で覆われえいるわけでも蟹のように甲羅で覆われているわけもなく、丸裸に見えますが、実は、透明で見えないバリアで覆われているのです。

    肌の健康のために、皮脂膜という目に見えない鎧のことを忘れないようにしたいものです。

    結論として、合成洗剤は肌に悪いので、アトピーになったり、おでこニキビ、鼻ニキビができても皮脂膜を落としすぎないように合成洗剤を使わないようにすることです。

      


  • Posted by ホエール at 13:39Comments(0)ニキビ